記事一覧

幸手市消費生活展にセミナー講師として参加しました

12月3日に幸手市中央公民館で行われた幸手市・幸手市くらしの会主催イベント「平成28年度消費生活展」にて「親子で考える終活」についてお話してまいりました。当日は幸手市の渡辺市長もお見えになり、増加する架空請求への警鐘や、クイズ形式で理解を深めるコーナー、多様化する詐欺事例についてブースが出ておりました。セミナーは大変多くの方々が、90分という長い時間にも関わらず皆さま真剣に聞いており、終活に対する関心の...

続きを読む

11月踊活会開催しました

10月の高島平ダンスホールから明けて一回目の踊活会ですが、本日もおなじみの顔ぶれ以外に「最近引っ越して来て団地の掲示板を見た」「コミュニティーカフェのチラシを見た」「ダンスホールをきっかけに来た」と新しい方々もお見えになりました。今日は初級はワルツに、中級はスローを行いました。初級はブルースから初めてワルツを習い、みなさん戸惑いながらも一生懸命脳を活性化させながらステップを覚えていらっしゃいました。...

続きを読む

地域生活情報誌ニューファミリー主催の「食・健康・住まい博」にセミナー講師として参加しました

本日は千葉を中心にガスを供給している京葉ガス市川ショールームにて、地域紙ニューファミリー社主催のイベントに参加してきました。イベントのテーマは食・健康・住まい博ということで、孤食と住まいの関係についてお話してきました。終活コンシェルジュではおひとり様の「孤食」を少しでも減らすために「皆食」を開催し、人と人との交流を作るためのイベントや踊活の取り組みなどもお話させて頂きました。朝から多くの方がこのイ...

続きを読む

第二回高島平ダンスホールご来場頂き有難うございました

今年2月に多くの方にご来場頂いたオールディーズバンド&ダンスイベント「高島平ダンスホール」から8か月、今回はダンスに特化して第二回高島平ダンスホールを行いました。連休初日や、当日の大雨等気掛かりな要素もありましたが、いざ始まったら60名程の方にご来場いただきました!今回はフロアに出て踊る方がとても多く、前回以上の盛り上がりを見せました。高島平踊活会からは、大久保さんにデモンストレーションを披露して頂き...

続きを読む

自身が高齢者であると思う年齢は、「70歳以上」が最多

平成28年版厚生労働白書によりますと、高齢者であると思う年齢で最も多い層が、「65歳以下」が約3割に対して、「70歳以上」がその倍の約6割となっております。(参照)http://www.mhlw.go.jp/wp/hakusyo/kousei/16-1/dl/gaiyou.pdf私たちも、相談室に来られる方やコミュニティーカフェを利用されている方、踊活で毎月社交ダンスを踊りに来られる方と日々接しておりますが、むしろ70代すらも高齢者と言って良いのかなと思うくらい元...

続きを読む

プロフィール

nandemocafe

Author:nandemocafe
終活コンシェルジュでは、相続や遺言・葬儀・お墓に関する問題のみを「終活」とは捉えず、介護や資産運用、生活設計、身の回りの問題等今の生活に関わる問題から老後をより人らしく、有意義に過ごす為の提案まで、「充実したシニアライフをワンストップでサポート」しております。
「10年先の日本の高齢化を先取りする街」である東京都板橋区高島平に「高島平なんでも相談室」での日々の出来事や、イベント情報まで幅広く発信していきます。